月払いの保険料と受け取り年金額をチェックして、気になる個人年金をまとめて資料請求できる保険市場〜


老後の生活に備えて
個人年金で積立したい

おすすめ保険を
まとめて資料請求

自宅でじっくり
検討
\o.     .o/
国内最大級の品揃
選べる『保険市場』


┌───────┐
│個人年金保険を│
│調べるには? │
└─∨─────┘
※サイトのトップページのジャンル一覧から個人年金・積立保険を選ぶと、特集ページへ飛べます。各保険の詳細ページでは保険料のシミュレーション(試算)も出来ます


積立保険
個人年金保険・養老保険
▼人気ランキング▼

個人年金保険
東京海上日動あんしん生命
ゆとりある未来に向けて積立てる年金保険。60歳〜69歳の10年間、契約時に約定した額の年金を受け取れる(確定年金)

個人年金
アフラック
将来の生活資金を積立感覚でムリなく準備できます。

個人年金(65歳年金支払開始コース)
アフラック
60歳払済:65歳年金支払開始の個人年金

My年金
太陽生命
ゆとりあるセカンドライフを実現するための老後生活資金を確保する個人年金保険。公的年金の上乗せとして、さらに、一生涯の年金としてなど目的に合わせて年金種類を選択出来る。

無選択加入特則付積立利率変動型個人年金保険[無配当]
あいおい生命
ゆとりあるセカンドライフのための資金計画に、健康状態についての告知なしでご加入出来る。

\o.     .o/
保険を選ぶなら
『保険市場』



保険市場では
他にもこんな積立保険が
▼資料請求可能▼

アリコの養老保険
リターンズ
アリコジャパン

保険組曲Best(一時払い養老保険)
太陽生命

年金ひとすじ
リ年金ひとすじ ワイド
明治安田生命

個人年金保険
富士生命





老後の生活資金は
いくら必要?

生命保険文化センターが行った意識調査によれば、夫婦2人で老後生活を送る上で必要最低限だと考えられる生活費は平均23.2万円、ゆとりある老後生活を送るためには、38.3万円が必要だというデータが出ています。

退職後の生活を20年とすると、最低でも5500万円、ゆとりある生活を送るなら9000万円近い資産が必要となってきます。

なぜ個人年金が
必要なの?

日本人の65歳時点での平均余命は男性83.45歳、女性88.44歳と世界一です。

その一方で公的年金は、制度の破綻の不安、受け取り額の減少など…根本からの仕組みの見直しが叫ばれています。

国民年金や厚生年金が貰えるのか貰えないのかわからない、また、仮に貰えたとしてしても、暮らしていくには十分ではない…などの不安から、自分の老後の貯えは自分で計画する「個人年金」の人気が高まっています。





▲一番上に戻る▲


   
このページは
個人年金保険の
一括資料請求が
可能なモバイルサイトを
紹介しています

お問い合せ


Google検索Yahoo!検索